オンライン英会話の実力を見てみよう

実力Aインプットからアウトプットへ

実力Aインプットからアウトプットへ

これまでの日本の英語教育はインプットオンリーでした。つまり、頭の中に詰め込むだけ詰め込んだまま。言わば、受験英語に勝つためのものでしたので、結果、日本人の多くは実践で使えない英語を持っていることになります。

 

今後の日本の英語教育は、それ自体をアウトプット、つまり話せる英語教育にシフトしているそうですので、今の子供が大人になって、日本の教育だけで果たしてどれくらい話せるようになるか、というのは大変興味深いところですが、とにかく、既に大人になっている人の英語は、オンライン英会話を利用してアウトプットの発話型英語レッスンを利用することによって、是非、英語が話せる日本人になりましょう。

 

とある50代男性の方の場合、以前はグループレッスンで英会話を習っていましたが、どうにも人前では恥ずかしくて英語が出てこなくて、1時間のレッスンの中で1文か2文話せばいい方だったそうです。1時間のレッスンが2000円だったので、結局1文1000円ほどに。コスパはかなり悪い印象だったそうです。オンライン英会話なら、マンツーマンですから、話さないわけにはいきません。この緊張感があれば、グループレッスンが×だった人でも、必ず上達するという訳ですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ